求人者のアピール

今の時代に合った求人

トップ / 今の時代に合った求人

求人者の印象を悪くしない言い方

営業や接客など、人と接する業務が多い職種の求人情報では、コミュニケーション能力が求められがちです。しかし、だからといって面接時にそのままアピールポイントとして挙げるのはおすすめできません。面接官は多くの人間と接し、あらゆるタイプの人を見ています。人とすぐ友達になれるから、人前での発表に慣れているからなどを理由に、コミュニケーション能力の高さを断言するのは、かえって印象を悪くしてしまうことに。同じ内容でも、初めから人前で発表することが得意です、と的を絞って伝えた方が求人者の印象も変わるものです。